各種お問い合わせ

usa flag English

【プレスリリース】タイ公共施設向けスピーカーとして 「ミライスピーカー(R)」が試験的導入へ

>

【2017年6月22日 木曜日】

株式会社サウンドファンが提案する、音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー(R)」を活用した「社会的弱者の社会進出のための難聴者向けスピーカーの導入にかかる案件化調査」(タイ)について、国際協力機構(JICA)の「中小企業海外展開支援事業:案件化調査(2017年度第1回)」に採択されましたことをお知らせ致します。

タイでは、1970年代以降、老年層人口が増加、聴覚障害者(難聴者・ろう者等の聞こえの不自由な人)の70%程度が老年層であることからも、今後、老年層人口の増加とともに、聴覚障害者人数の増加も見込まれています。また、補聴器を持たない聴覚障害者は全聴覚障害者67%※で、補聴器が高額であることも難聴者の社会進出を妨げています。※アジア太平洋障害者センター(APCD)行った調査に基づく出典

こうしたことを背景に、聴覚障害者の増加に伴う社会福祉やインフラの必要性が高まると見込まれるタイにて、この度、国際協力機構(JICA)の「中小企業海外展開支援事業~案件化調査~(2017年度第1回)」として、「ミライスピーカー(R)」を公的機関に試験的に導入。その結果、公的機関の品質保証を得た上で、将来的には民間病院、オフィスビル、ショッピングモール、空港、金融機関等への導入、さらに洪水対策の1つとして防災領域への進出も視野に入れ、難聴者があらゆるライフシーンにおいて健聴者と等しく生活を送ることが出来るよう、タイ公共施設の”音のバリアフリー化”を目指します。

<国際協力機構(JICA)「中小企業海外展開支援事業」について>
日本の中小企業の製品・技術の途上国での活用可能性の調査・実証を通し、中小企業の海
外展開と途上国が抱える様々な課題の解決を目指すものです。

その他詳細は、サウンドファンプレスリリース(PDF形式)をご覧ください。

By