音の世界に、新しい波を。ミライスピーカー



國學院大學は、地域に開かれた学び場を提供

國學院大學は、明治15年(1882年)に設立された皇典講究所を母体とする、日本で最も古い私立大学の一つです。國學院大學の建学の精神(日本の伝統・文化・歴史をとおして日本の国柄を究明し、日本人としての徳性を涵養すること)に基づき、歴史ある学統を継承しています。この学統を学生だけではなく地域にも還元できるよう、地域と大学が総力を挙げて新たな改革と発展に取り組み「地域と共生、社会に学ぶ」をコンセプトとした短期大学像を全国に発信し続けています。

オープンキャンパスで「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」を試聴後、購入を決定

本学では、現在オープンキャンパス時に使用している会場(100名程度が参加可能な学生ホール)の音声環境を整備したいという想いがありました。オープンキャンパスの会場でこれまで使用していたいスピーカーでは、音が混線したり、会場の後方まで音声が届きにくい、機材が重く持ち運びが不便などの課題があったのです。そこで、音響設備に詳しい販売会社に相談したところ、サウンドファンの「ミライスピーカー」をご紹介頂きました。
早速、デモ機を2台使用してオープンキャンパス説明会会場にて試聴したところ、音の混線はなく、会場の後方まで音声がきちんと届き、機材は軽くて女性でも簡単に持ち運べるなど、課題が一気に解決しました。そこで、私たちは、「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」の購入を決定しました。

「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」購入の決め手

今回購入の決め手となったのは、次の4点です。
・音がよいこと(広い会場でも遠くまで、近くと変わらない音声が聴こえる)
・軽さ(女性でも簡単に運べることに、驚きました)
・設置の容易さ(複雑な配線など不要。必要な場所において電源を入れるだけで使えます)
・充電可能(電源のない場所でも、場所を選ばず利用できます)

また本学では、2022年に改正される電波法を意識しながら学校全体の音響機材に関する商品選定を進めています。「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」なら、持ち運べるので、壁に穴をあけて配線を変えるなどの手間なく、切り替えが可能なので候補の一つとなっています。
現在は、オープンキャンパスで活用していますが、今後は教授会や学科長会議などでも「ミライスピーカー・モビィ(Moby)」を活用し、参加者全員が発言内容をきちんと聴こえる環境づくりを整えていく予定です。

守屋様、ありがとうございました。
サウンドファンでは今後も、「ミライスピーカー®」の研究開発・普及活動を通じて、音のバリアフリー社会の実現に貢献していきます。

 CORPORATE PROFILE

学校法人 國學院大學
所在地:
北海道滝川市文京町3丁目1-1

事業内容
高等教育機関

その他の導入事例ついてはこちら


pagetop