株式会社サウンドファン(所在地:東京都台東区、代表取締役:佐藤和則)が開発・製造・販売をする、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー®」の、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木義晴、以下「JAL」)国内14空港への追加導入が決定したことをお知らせ致します。
空港をご利用になるお客さまのアクセシビリティー向上のため、既に2016 年 8 月より羽田空港国内線第一ターミナルのJALチェックインカウンター・空席待ちカウンターの一部で、「ミライスピーカー®」をお客様アナウンス用スピーカーとして活用していただいておりますが、この度、下記国内14空港への拡大導入することとなりました。
◆ 拡大導入する国内14空港
札幌(新千歳)・福岡・沖縄・帯広・函館・仙台・新潟・小松・岡山・出雲・山口宇部・高知・長崎・熊本
◆ 「ミライスピーカー®」の活用方法について
高齢者をはじめとする聴こえにくい方など多くのお客さまのお役に立てるよう、ご案内が多いチェックインカウンターなどに設置し、音声アナウンス用スピーカーとして活用していただいております。羽田空港をご利用になったお客さまより「とても聞き取りやすくてよかったです。そのほかの空港でも導入してもらえると助かります(60代女性)」などのご評価をいただいております。

その他詳細は、サウンドファンプレスリリース<PDF形式>をご覧ください。