音の世界に、新しい波を。ミライスピーカー

取締役CFOに足立知彦氏が就任

テレビの音を聴こえやすい音に変換するテクノロジー、『曲面サウンド』搭載の特許技術「ミライスピーカー®」の開発・製造・販売を行う株式会社サウンドファン(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山地浩、以下「当社」)は、取締役CFOとして足立知彦 (あだちともひこ) 氏が就任したことをお知らせいたします。



足立知彦氏は、上場会社におけるファイナンス業務の経験が豊富であり、直近の株式会社リベロにてIPO業務を担当し、2021年9月東証マザーズ上場を実現しております。その経験を活かし、当社においてIPOに向けた管理体制の構築及び内部統制整備をスピードアップするとともに、今後のTVCMなどによる事業急成長に対応する、より強固な経営体制構築に貢献いただくことを期待し、選任いたしました。

当社は、ミッション&事業領域として掲げる『サウンドドリブン人間活性業』として、今後も、より多くの「聴こえ」にお困りの方々とそのご家族や関係者に、「ミライスピーカー®️」による「聴こえ」環境の改善を提供し、明るく前向きな生活を提供する事業を展開してまいります。

◆取締役CFO 足立知彦氏 コメント
『サウンドドリブン人間活性業』として、より多く方々の聞こえを改善し明るく前向きに生活を送れるような事業を展開するというサウンドファンのミッション・事業領域に共感し、取締役CFOとして参画させていただきました。上場会社や上場準備会社におけるファイナンス業務の経験を活かして、サウンドファンの企業価値の最大化とIPO実現に貢献していきたいと考えております。

<足立知彦氏プロフィール>
株式会社デジタルホールディングスをはじめとした上場会社を中心とした企業のファイナンス部門の実行、マネジメントに従事、2021年9月株式会社リベロのIPO実現を経て、2021年12月株式会社サウンドファン執行役員CFOに就任。

その他詳しくはプレスリリースをご覧ください。
PR_soundfun_20220401

pagetop