羽田空港で、日本航空さまが音声アナウンスでお知らせする内容を、光と音の新技術を活用して、デジタルサイネージや、お客様のお手持ちのスマートフォンなどに、文字情報(多言語対応)としてお届けするという取り組み。

その中でミライスピーカーは、今まで通り、空港スタッフの方のアナウンス音声を広く遠くまでお届けしつつ、同時に、デジタルサイネージやスマートフォンの表示を変更する音声トリガー(人間の耳では聞き取れない音)を発信する役割を担っております!

1台2役!遠くまでクリアな音を届けるミライスピーカーは、音声案内だけでなく、信号音を届ける役割も担えます。

◆日本航空さまプレスリリース
http://press.jal.co.jp/ja/release/201807/004809.html