10/13(土)大曲の花火〜秋の章〜「花火劇場〜エバーグリーン〜」にて打揚げる『視聴覚障がい者も楽しめる花火』にミライスピーカー(R)が参加いたします。

株式会社サウンドファン(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山地浩)が開発・製造する「ミライスピーカー(R)」は、一般社団法人日本花火推進協力会(所在地:東京都中央区、代表理事・会長:小勝敏克) から委託を受けた凸版印刷株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾)と協業し、「視聴覚障がい者が花火を楽しむための技術や手法を検証することを目的とした試行プロジェクト」に参加することとなりました。2018年10月13日(土)に秋田県で開催される花火大会、大曲の花火~秋の章~「花火劇場~エバーグリーン」で、その取り組みを披露することになりましたのでお知らせ致します。

「聴こえ」にお困りの方の場合、通常のスピーカーから流れてくる場内アナウンスは、音はするけど何を言っているのか聞き取りにくいという現象が起きています。そのためプログラムのアナウンスが読み上げられても聞き取れずに、今どの花火が上がっているのか、わからないことがあるそうです。トイレの場所や緊急アナウンスなどがあっても、聞き取れないために不安な思いをすることもあるようです。こうした問題を解決するために、各種アナウンス用スピーカーとして「ミライスピーカー(R)」を、モニター障がい者席に設置することで「聴こえやすい」環境を提供します。

◆詳しくはサウンドファンプレスリリースをご覧ください。