この度、ミライスピーカー(R)が、10/28(日)第 31 回東京国際映画祭 映画バリアフリー上映会での採用が決定いたしましたのでご報告いたします。字幕でもお楽しみいただける上映会ですが、音声も聞き取りやすくなるよう、ミライスピーカーをご活用いただきます。

株式会社サウンドファン(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山地浩)が開発・製造する「ミライスピーカー(R)」は、一般社団法人日本映画製作者連盟(所在地:東京都中央区、代表理事・会長:岡田裕介) と一般社団法人映画産業団体連合会(所在地:東京都中央区、会長・大谷信義) が主催する体験イベント「第31回東京国際映画祭『映画・映像の未来』鑑賞の新たなスタンダードに向けて−広がるバリアフリー視聴環境−」で開催される映画バリアフリー上映会にて、音のバリアフリースピーカーとしてご活用いただくこととなりましたのでお知らせ致します。

東京国際映画祭では、2011年から「映画の未来」と題して映画のバリアフリー上映企画を行っています。今回も、メガネ型端末で観るバリアフリー字幕体感イベントとして展示会を開催し、同時開催として、映画バリアフリー上映会も行われます。その上映会で「ミライスピーカー(R)」をご活用いただきます。

■上映会イベント概要■
『映画・映像の未来-広がるバリアフリー視聴環境-』映画バリアフリー上映会(入場無料、先着順)
上映作品:「空飛ぶタイヤ」(2018年、松竹、日本、120分、映倫区分G) 
日時:2018年10月28日(日)11:30開場/12:00開映、14:30開場/15:00開映
場所:東京ミッドタウン日比谷6階「Q HALL1」(東京都千代田区有楽町1-1-2)
イベントURL:http://npo-masc.org/tiff2018/

◆詳しくはサウンドファンプレスリリースをご覧ください。